K-MAX S-MAX みんなでつくるUQ WiMAXマップ みんなでつくるUQ WiMAXマップ -Windows ケータイ FAN-
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPECIAL FEATURE ARTICLE
めざせ!会社の星「ケータイ200%活用術」関連
au by KDDI 2010年春モデル/春商戦関連
シャープ 2009年度下期 事業説明会関連
HYBRID W-ZERO3(WS027SH)関連
NTTドコモ 2009年度冬春モデル関連
ソフトバンクモバイル 2009年度冬春モデル関連
au by KDDI 2009年度秋冬春モデル関連
ITpro EXPO 2009関連
シーテックジャパン2009関連
iida 2009秋・冬モデル関連
au by KDDI 2009年夏モデル関連
ソフトバンクモバイル 2009年夏モデル関連
NTTドコモ 2009年夏モデル関連
WX340Kレビュー
WILLCOM D4(WS016SH)関連
シーテックジャパン2008関連
ワイヤレスジャパン2008関連
ケーブルテレビ ショー2008関連


K-MAXマガジン@まぐまぐ!
メルマガ登録・解除
 
K-MAX SHOP
ケータイの便利グッズストア K-MAX SHOP
▼商品カテゴリー▼
端末
ウィルコム純正品
充電機器
充電/通信ケーブル
イヤホンマイク
イヤホン
キャリングケース
液晶保護シート
メモリーカード
変換アダプター類
デジタルグッズ

  • おねいさん写真撮ってきたよin 東京モーターショー2013mini!!
    さじった (11/29)
  • おねいさん写真撮ってきたよin ワイヤレスジャパン2013mini!!
    さじった (06/08)
  • CP+2013行ってきましたよ!その4〜おねいさん写真編
    さじった (02/07)
  • 携帯の外装を取り替えちゃおう!! - au編 -
    Tomo (12/03)
  • Mono Max(モノ・マックス)2012年8月号でスマートフォンの今夏モデルのコメントをちょっぴりしましたー♪そして付録のガジェットケースをこっそりレビュー!
    2106bpm (07/16)
  • Mono Max(モノ・マックス)2012年8月号でスマートフォンの今夏モデルのコメントをちょっぴりしましたー♪そして付録のガジェットケースをこっそりレビュー!
    さじった (07/13)
  • 今週のダイジェストニュース(2012/1/23〜1/27)
    さじった (03/18)
  • 今週のダイジェストニュース(2011/12/12〜12/16)
    さじった (12/31)
  • ケータイを綺麗に撮ってみた!──T003編
    TOMO (11/22)
  • FOMA 充電機能付USB接続ケーブル 02
    うえ@通販日記 (11/08)
qrcode
WILLCOM STORE

ウィルコムストア
ソフトバンクオンラインショップ








PODCAST
Search this site

現在の閲覧者数:
カウンター設置 2008/11/19 00:00













アフィリエイトならリンクシェア
ケータイ思いやり度検定
ケータイ思いやり度検定
K-MAXが発信するモバイル関連情報ブログ!

新ウィルコム定額プランS

「マイコミジャーナル 携帯小物」はコチラ
「ケータイコレクション」はコチラ
K-MAXは、いろいろやります!やってまーす♪
<< 弊社の商品ではないのですが・・・・・。 | TOP | ソフトバンク、ドコモの2009年夏・新商品発表迫る! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
河童丸のワイヤレス・テクノロジー・パーク2009 奔放レポート…NTTドコモ編
 皆様、こんにちわ(或いはこんばんわ)。
K-MAXの病人、河童丸です。

今回は全開の僕のエントリーの続きとして、先日行われたワイヤレス・テクノロジー・パーク2009のレポートの後半戦をお届けでございます。

河童丸がドコモを単独の話題でとりあげるのはかなり稀なので、かなり投げっぱなしな本文ですが、それでもよろしければどうぞ!




 というわけで後半戦いってみましょー、の前に。
今回KDDI研究所ブース等でもお邪魔させて頂いたのですが、2106bpm隊長がマイコミジャーナルで大きく取り上げているので、そちらに興味がある方はこちらから。

では、いってみましょー。



その3〜NTTドコモ編

会場入って目の前に陣取ってました。
会場入って目の前に陣取ってました。


今回、ドコモブースで特に目を引いたのは『眺めて繋がるツール』『携帯型3Dディスプレイ』『モバイル向けサラウンド音声伝送技術』の3つです。
サラウンド音声伝送技術につきましても、2106bpm隊長が、わかりやすい記事を上げておりますので、サラウンド音声殿堂技術に関してもこちらからどうぞ。



さて、まずはK-MAX救護班(自称)でもある、河童丸がまず気になったのは
『眺めて繋がるツール』(参考出展)です。
サンプル
待ち受けアプリの一種なんだそうです。


これは、ユーザーが登録したグループ内の現在のおおまかな情報をリアルタイムで知らせる機能を有しています。

見本:
眺めて繋がるツール
勿論 家族へのアプローチが中心なのだろう。


見本2:
アバターを利用したアプリのようですが・・・・・待ち受けアプリの一種として使う

介護の仕事をしている河童丸ならを。
これって、介護の役に立てないだろうか?
と考えたわけです。
細かいところまではでは見つけにくいですが
『このアプリをインストールしておいたケータイをお年寄りに持たせることでおおざっぱな動きを知ることができれば手軽な見守りシステム』
としてならイケそうな気がするのです。
説明用ポスター(アクリル板)
『眺めて繋がるツール』の続き

せっかく『おじいちゃん』のアバターらしきものもあるので導入されるといいですね♪





次の話題は『携帯用3D液晶ディッスプレイ』です。
わかりにくくてごめん。。
ドコモブースではこのコーナーが人気だったようです。

このディスプレイは通常の液晶に上に
『8方向の何処から見ても立体に見えるレンズ』を追加することで構成されています。

中でも某コンテンツメーカーがゲームに使えないかを説明員に尋ねる姿が多く見られています。

サンプル〜


指輪

Earth Clockというアプリ(のサンプル)。時刻がおかしいのは、最初からでした

金魚
きんぎょー
写真だと3Dに見えないのが残念。


そこで、河童丸は今回サンプル動画を一つ用意してみました。


動画を貼り付けるのは初めてなのでうまくいっただろうか…



他にも
加速度センサーを併用したゲームも
加速度センサーを利用したゲーム、画面を傾けると画面内のボールが動きます。
これも画面は3Dでした。


この3D技術は液晶に追加したレンズが最大の特徴であって、今回採用したレンズを使うと液晶画面だけでなく、有機ELはおろか紙媒体でも8方向どこから見ても3D表示できるんだとか。
使い道は色々とありそうです。

これが端末に乗り出すと本当に面白いことが出来そうでいいですねぇ〜。











まとめ


さて、今回は大分駆け足、かつ取り上げたブースが3つのみな技術中心のイベントでした。
これまでに河童丸が見てきた『どちらかといえばコンシューマ狙い』な発表会とは一線を画す興味深いものでした。
是非、次回も行きたいですね。









河童丸
posted by 河童丸 | 01:02 | 河童丸の過去ログ | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 01:02 | - | - | - |
コメント
読めば読むほど、それぞれが独立でなく、
連携して機能して欲しい機能ですね。

お年寄りや子供の見守りツールとしては、
・日々身につけること
・身につけた状態がわかること
が欲しい気がします。
2009/05/20 20:22 by さじった
さじったさん→コメントありがーっス!

眺めてつながるツールはあくまで『今いる場所から状況を予測して表示』なので、例えば高齢者の場合『高齢者通所施設にいる→安全な場所に出かけている』といったことは出来るので居場所から安全を確認したり、全く動きが無かったら倒れている?といった予測が出来ると思うのですよ。

身につけた状態まで分かるようになるには、まだまだ技術も追いつかないでしょうしプライバシーな問題も出てきます。
この辺は我々一般の人が声を直接上げていく問題だと思ってます。
そして、そういった議論を行える場所とチャンスが十分にあって欲しいと願います。





河童丸
2009/05/23 00:09 by 河童丸
私見ですが。。。

1)今回のツール+加速度センサ
  安全な場所にいるかどうか?
  倒れたり、移動がなかったりしないかどうか?
2)キッズケータイのバンド側に加速度センサ
  日常的に身につけておける。
  1)のようなツールと連携が出来れば、
  突然倒れた場合なども検出できないか?

見たいな事をかんがえておりました。
「ケータイを携帯させるために必要な事」を考えなければ、
難しいのではないでしょうか?
2009/05/23 18:05 by さじった
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kmax.jugem.jp/trackback/490
トラックバック