K-MAX S-MAX みんなでつくるUQ WiMAXマップ みんなでつくるUQ WiMAXマップ -Windows ケータイ FAN-
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPECIAL FEATURE ARTICLE
めざせ!会社の星「ケータイ200%活用術」関連
au by KDDI 2010年春モデル/春商戦関連
シャープ 2009年度下期 事業説明会関連
HYBRID W-ZERO3(WS027SH)関連
NTTドコモ 2009年度冬春モデル関連
ソフトバンクモバイル 2009年度冬春モデル関連
au by KDDI 2009年度秋冬春モデル関連
ITpro EXPO 2009関連
シーテックジャパン2009関連
iida 2009秋・冬モデル関連
au by KDDI 2009年夏モデル関連
ソフトバンクモバイル 2009年夏モデル関連
NTTドコモ 2009年夏モデル関連
WX340Kレビュー
WILLCOM D4(WS016SH)関連
シーテックジャパン2008関連
ワイヤレスジャパン2008関連
ケーブルテレビ ショー2008関連


K-MAXマガジン@まぐまぐ!
メルマガ登録・解除
 
K-MAX SHOP
ケータイの便利グッズストア K-MAX SHOP
▼商品カテゴリー▼
端末
ウィルコム純正品
充電機器
充電/通信ケーブル
イヤホンマイク
イヤホン
キャリングケース
液晶保護シート
メモリーカード
変換アダプター類
デジタルグッズ

  • おねいさん写真撮ってきたよin 東京モーターショー2013mini!!
    さじった (11/29)
  • おねいさん写真撮ってきたよin ワイヤレスジャパン2013mini!!
    さじった (06/08)
  • CP+2013行ってきましたよ!その4〜おねいさん写真編
    さじった (02/07)
  • 携帯の外装を取り替えちゃおう!! - au編 -
    Tomo (12/03)
  • Mono Max(モノ・マックス)2012年8月号でスマートフォンの今夏モデルのコメントをちょっぴりしましたー♪そして付録のガジェットケースをこっそりレビュー!
    2106bpm (07/16)
  • Mono Max(モノ・マックス)2012年8月号でスマートフォンの今夏モデルのコメントをちょっぴりしましたー♪そして付録のガジェットケースをこっそりレビュー!
    さじった (07/13)
  • 今週のダイジェストニュース(2012/1/23〜1/27)
    さじった (03/18)
  • 今週のダイジェストニュース(2011/12/12〜12/16)
    さじった (12/31)
  • ケータイを綺麗に撮ってみた!──T003編
    TOMO (11/22)
  • FOMA 充電機能付USB接続ケーブル 02
    うえ@通販日記 (11/08)
qrcode
WILLCOM STORE

ウィルコムストア
ソフトバンクオンラインショップ








PODCAST
Search this site

現在の閲覧者数:
カウンター設置 2008/11/19 00:00













アフィリエイトならリンクシェア
ケータイ思いやり度検定
ケータイ思いやり度検定
K-MAXが発信するモバイル関連情報ブログ!

新ウィルコム定額プランS

「マイコミジャーナル 携帯小物」はコチラ
「ケータイコレクション」はコチラ
K-MAXは、いろいろやります!やってまーす♪
<< ドコモ信者ら、ドコモの発表会に潜入。 | TOP | docomo 2008 Autumn and Winter Collection >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
各キャリア2008年度秋〜冬端末を振り返ってみた雑感(河童丸編)
IT_Proエキスポ関係の後半の記事の前に今回のエントリーをさせていただきますね。
各社が今シーズンの端末を揃えてきました。
今回は2106総統やせうさんのムチャ振りにより指定されたのでK-MAXの末席の身ではありますが、今シーズンの各社の発表やサービス発表を受けての雑感などを書こうと思います。

尚、河童丸はウィルコム以外は契約をしていない上に主観が入りまくった内容になることは予め申し上げさせていただきます。

また、より細かい内容に関しては他の人が次の記事あたりで書くと思いますのでw

今回の記事は河童丸がこれまで書いたブログ記事の中では最長のものとなります。
お時間と河童丸の乱文に耐えられる方のみ、続きからどうぞ。

docomo編

今更、河童丸が言うまでもなく最大勢力のドコモは驚愕の22機種。
90xや70x等といったハイエンドorミドルクラス(と、時々企画モノ)といった構成から一新。
Pro、Prime、Style、Smartの4コンセプトに細分化。
しかも、それぞれに複数の端末を用意するという『およそドコモ以外では出来ないとしか思えない』驚愕のラインナップとなっています。
K-MAX的にはPROのHTC端末(TOUCH PROやDiamond)、ノキアにBlackBerry、シャープのSH-04Aなどのスマートフォンやハイスペック機に目が行きがちかもしれません。
ラインナップからするとPROはスマートフォンの領域でしょうか(SH-04Aは違うようですが)。

PRIMEは従来のハイエンドの90Xを踏襲したモデルが揃っていますね。
メインに据えられるエリアがここでしょうか。
ほとんどの端末にタッチスクリーンが採用されているのも特徴ですね。
恐らくタッチスクリーンを利用したエロい面白いアプリとかが出てきそう。
端末デザインや形状にギミックが仕込まれているものが多いのも目を引きました。

STYLEもこれまでの70xシリーズに近いイメージですね。
P-02A(松下パナソニック)なんかは以前の三菱のFOMAを彷彿とさせるデザインですね。
こういったデザインには少なからず固定層がいるので、安心された方もいるのではないでしょうか?

SMARTシリーズは端末ごとに異なる特徴を持った端末群が揃っています。
その中でもN-04A(日本電気)はSRS TruMediaを搭載する等、かなり力が入っている様子。
他にも最薄のP-04A(松下パナソニック)や防水加工を施されたF-04A(富士通)等、個性的です。

各端末のお値段はさておいて(汗)、今回のドコモはミドル〜ハイエンドまでを隙無く埋めたといった感じですね。
個人的にはEconomyみたいなシリーズのラインナップも欲しかった(これはドコモに限らずどのキャリアでもですけど)かなぁ、中高年向けの本っっっっ当
にシンプルなモデル(分かりやすく言うと、らくらくホンより更に高齢者層向け)とかね。


au(KDDI)編

auは今回は7機種を用意。
全体的に見て、これまでのシリーズの端末の正常進化といった端末が揃っていますね。
エアンターテインメント方向に注視したauらしいラインナップかと。
今回の特に主力と思われるW63H(日立製作所)には頑張って欲しい(この前のシーテックの時に日立の説明員の対応が素晴らしく良かったのを気に入ったので若干贔屓目ですw)ところ。
手堅い端末群の中、W63CA(カシオ計算機)が目を引きます。
個人的にメタルグリーンの色はイイですねぇ、なんて思ったり。

気になったのは『今回ストレート端末が無い』んですが…



SoftBank Mobile編

こちらは14機種の音声端末とデータ端末1機種とドコモに次ぐ数の端末が用意されました。
当然、今回の目玉は930SCことOMNIA(サムスン電子)でしょうか。
OSを日本向けに焼き直しを行い、スマートフォンではなく音声端末としてわざわざ出してくるあたり、サムスンの本気っぷりが伺えます。
だが、河童丸はWindowsMobileでやって欲しかった。
勿論、一般的には今回の選択で大正解なのはわかってはいるのですがねぇ。
ただ、河童丸がWM(アドエス)で使っている一部のアプリは『XScale/armCPUじゃないと起動すらしない』モノがあるので自社製CPUのOMNIAで動くかどうかわからんしなぁ…
ところで既に国外用にT*OMNIA(OMNIAの後継機、解像度の強化などが施されている)があるのに何故にこっちにしなかった?


ウィルコム編

ウィルコムはWILLCOM LUことWS023T(東芝)、HONEY BEE2ことWX-331KC(京セラ)、WX330J(日本無線)の音声3機種とデータ端末1機種。
それとWILLCOM 03の新色が1つといったラインナップ。
新端末は全てウィルコムの必要最低限のサービスを利用できるラインナップといった所でしょうか。
その中でも、WILLCOM LUはウィルコムではお初のスライド端末
なので出す意義は十分にあったでしょう。
カメラがウィルコムの音声向け端末で初めて200万画素になったのも一つの通過点として考えれば十分だと思います。
個人的にはもう少し決定的な特徴が欲しかったのも事実ですが、バランスの取れた端末だと思います。

HONEY BEE2もこれまでの要望やHONEY BEEの売れ行きを考えれば正統な進化だとは思います。
ただ、この端末を一番使ってくれそうな層(女子学生等)が一番目玉になるかもしれないウィルコムミーティングサービスはもう少し簡単に導入できないですかね?
システム的に大変なのはわかるのですが、利用までの壁をもう少し低くすればHONEY BEE2と共に大化けすると思うのですよ。

日本無線の330Jも防水加工を施した法人向けというウィルコムらしい位置づけの端末だと思います。
321Jを使っていた自分としては指紋センサーがあればよかったなー、なんて思いましたが今回は220Jの後継なのだと、自分を納得させました。

データ端末のAX530S(SII)はPCカードにもUSBにも使えるTypeG対応データカード。
フックが内蔵されていてノートPCに引っ掛けて使うことが出来るなど小技の効いた端末ですね。
人によってはこのデータカードが今回のウィルコム最大のアタリとなるかもしれません。

尚、今回のラインナップで河童丸が機種変更したくなる電話機はなさそう(WILLCOM LUがジャケット単独で販売されればわかりませんが)です。




今回は相当長い記事になってしまいました。
注目度やニュースの豊富さからドコモの記事が一番大きくなってしまいましたが、各社頑張って欲しいところですね。
特にウィルコムは1機種でもいいので強烈なのが欲しい(全部入りとかではなくて他がまだどこもやってないような武器を持った、という意味で)です。



では、これ以上語りだすとまだまだ長くなりそうなので、今回はこの辺でー



JUGEMテーマ:ケータイ






河童丸
posted by 河童丸 | 15:08 | 河童丸の過去ログ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 15:08 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kmax.jugem.jp/trackback/366
トラックバック