K-MAX S-MAX みんなでつくるUQ WiMAXマップ みんなでつくるUQ WiMAXマップ -Windows ケータイ FAN-
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPECIAL FEATURE ARTICLE
めざせ!会社の星「ケータイ200%活用術」関連
au by KDDI 2010年春モデル/春商戦関連
シャープ 2009年度下期 事業説明会関連
HYBRID W-ZERO3(WS027SH)関連
NTTドコモ 2009年度冬春モデル関連
ソフトバンクモバイル 2009年度冬春モデル関連
au by KDDI 2009年度秋冬春モデル関連
ITpro EXPO 2009関連
シーテックジャパン2009関連
iida 2009秋・冬モデル関連
au by KDDI 2009年夏モデル関連
ソフトバンクモバイル 2009年夏モデル関連
NTTドコモ 2009年夏モデル関連
WX340Kレビュー
WILLCOM D4(WS016SH)関連
シーテックジャパン2008関連
ワイヤレスジャパン2008関連
ケーブルテレビ ショー2008関連


K-MAXマガジン@まぐまぐ!
メルマガ登録・解除
 
K-MAX SHOP
ケータイの便利グッズストア K-MAX SHOP
▼商品カテゴリー▼
端末
ウィルコム純正品
充電機器
充電/通信ケーブル
イヤホンマイク
イヤホン
キャリングケース
液晶保護シート
メモリーカード
変換アダプター類
デジタルグッズ

  • おねいさん写真撮ってきたよin 東京モーターショー2013mini!!
    さじった (11/29)
  • おねいさん写真撮ってきたよin ワイヤレスジャパン2013mini!!
    さじった (06/08)
  • CP+2013行ってきましたよ!その4〜おねいさん写真編
    さじった (02/07)
  • 携帯の外装を取り替えちゃおう!! - au編 -
    Tomo (12/03)
  • Mono Max(モノ・マックス)2012年8月号でスマートフォンの今夏モデルのコメントをちょっぴりしましたー♪そして付録のガジェットケースをこっそりレビュー!
    2106bpm (07/16)
  • Mono Max(モノ・マックス)2012年8月号でスマートフォンの今夏モデルのコメントをちょっぴりしましたー♪そして付録のガジェットケースをこっそりレビュー!
    さじった (07/13)
  • 今週のダイジェストニュース(2012/1/23〜1/27)
    さじった (03/18)
  • 今週のダイジェストニュース(2011/12/12〜12/16)
    さじった (12/31)
  • ケータイを綺麗に撮ってみた!──T003編
    TOMO (11/22)
  • FOMA 充電機能付USB接続ケーブル 02
    うえ@通販日記 (11/08)
qrcode
WILLCOM STORE

ウィルコムストア
ソフトバンクオンラインショップ








PODCAST
Search this site

現在の閲覧者数:
カウンター設置 2008/11/19 00:00













アフィリエイトならリンクシェア
ケータイ思いやり度検定
ケータイ思いやり度検定
K-MAXが発信するモバイル関連情報ブログ!

新ウィルコム定額プランS

「マイコミジャーナル 携帯小物」はコチラ
「ケータイコレクション」はコチラ
K-MAXは、いろいろやります!やってまーす♪
<< ジョン!こりゃD4モンだぜ! | TOP | K-MAXがITmediaに進出!!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
国際福祉機器展2008K-MAX流プチレポート、その1
こんばんは&こんにちは、河童丸です。
ここのところD4のネタばっかりだったのですが、今回自分の仕事の勉強にと『国際福祉機器展2008』へと行って来ました。
介護福祉機器とK-MAXでは『関連なくね?』という声もあると思います。
が、今回偶然ですが『ケータイや通信に関連したソリューション』や携帯キャリアの話題が出てきた場面もあったので、プチ取材モード発動!!
というわけで、福祉機器展でのモバイルな出展を2回くらいに分けて紹介しちゃいます!

もう、年に10回はビックサイトに着てる気がする…

この会場は基本、『マスコミ以外は撮影禁止』だったのですが、名前出し&こっそり撮影をOKしてくれた出展社の方々には改めてここでお礼を申し上げます。

では下の続きからどうぞー。

今回紹介するのは「国際電業株式会社」さんの『HeatChatモバイルfor_iアプリ』というものです。
名前を見て直ぐ分かるとおりiアプリにて提供されているもので、これは言語障害の人がメッセージボード等で行う筆談をアプリ上で行おうというもの。

HeatChatモバイルfor_iアプリ説明

HeatChatモバイルfor_iアプリ説明2

画像のリンク先を見れば説明不要なんですが(汗)、一応説明を。
Chatの名前がついてますが、オンラインチャットをするツールでなく、言語障害の人がメモを使って筆談するのをメモの代わりにケータイにさせるというもの。
言語障害の人向けのケータイアプリによるツールなのは上でも言った通り。
このツールは、ただメッセージを筆談ではなく、予め定型文を編集しておいたり『医者を呼んでください』等の緊急用の文章もプリセットされています。
またテンキーのボタン毎に文章や定型文を振り分けたり保存しておいた写真をアプリ上で即座に見せたりすることも可能。
また、身震(体が痙攣して狙ったボタンが押せない)の激しい人でも使いやすくするようにテンキーを『どれをおしても同じになるようにし、押したタイミング等で選択を決定する方式への変更』などもできる様になっており大変細やかな設定が可能。
こういったモノはありそうで無かっただけに中々に便利ではないでしょうか。
また出展社の説明によると、現状ドコモのiアプリのみですがBREWでも開発の目処が立っており、更にウィルコムにもWM用のアプリとして提案して前向きに進んでいるんだとか。

障害者にもやさしいケータイ。
中々そのニーズに応えていくのは難しいと思いますが、こういうアプリの形ならできる事は沢山あるのかもしれません。


対応してくださった国際電業株式会社の方、突然の質問攻めにも関わらず対応してくれてありがとうございました。


HeatChatモバイルfor_iの動作画面
喋れない人でも活用できるケータイ、期待しましょう。


続く。



河童丸
posted by 河童丸 | 03:59 | 河童丸の過去ログ | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 03:59 | - | - | - |
コメント
お、待ってました。実はこういう記事好きです。
続きが楽しみです。
2008/09/27 00:36 by なはは
なははさん>>暖かいコメントありがとうッス。
介護従事者だからこそ取り上げることの出来たエントリーかなー、って思ってます。
ですが、今回の記事で一番大きな弾を放出してしまったので次回はパワーダウン必至(汗

しかも、せっかく質問攻めにした某大企業(CMが超有名なグループ企業)の写真が一枚しかないことが発覚。

どう膨らまそうか…




河童丸
2008/09/27 01:40 by 河童丸
いろんなアプローチの仕方ってあるものなんですね。
iアプリで使おうとすると、タッチパネルのほうが
使いやすそうですか?(最後の写真とか見て思った)
「時代はタッチパネル」風の記事を最近良く見ますが、
ハードキーのほうが良い場面もあると思うのですが、
その辺りはどうなんでしょうかねぇ?
特にこういった端末だと「押しやすい事」を重視
して欲しいと思います。
ハードキー一つの中の文字が変わるくらいのことは、
今ならできそうな気がするんですけど。。。
(特許とったほうが良いのかな?すでにあるかな?)

テレビとかエアコンのリモコンが統合されて、
こんな感じになったら、健常者でも便利そう、
って思ってしまいました。

なははさん同様、次回に期待しております。
というか、ぜひシリーズ化を。
2008/09/27 08:27 by さじった
さじったさん>>取材中は個人的には楽しい時間だったのですが(そもそも河童丸は質問魔でかつおしゃべり好きなのもあいまってですが)、この手の話題は(話題の)需要と供給の面がどうしても不安。

そもそも、国際福祉機器展以外に国内では大きい福祉機器の展覧会がほぼ皆無な上に開催は年一回です。
河童丸はかれこれ7-8年くらい通い続けてたので、こういったイベントがあることを知ってますけどね。
仮に福祉機器展で障害者&高齢者用のソリューションが発表されます、とプレスを出されても多くの人がその存在すら知らずに終わっているのが現状でしょうし。

とはいえ年一回でも河童丸は今後も行くつもりなので、その場で見聞きしたものはここでやれればいいですね!

年一回の集中シリーズでもよければこの話題は頑張っていきたい所存也。



河童丸
2008/09/30 01:17 by 河童丸
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kmax.jugem.jp/trackback/332
トラックバック