K-MAX S-MAX みんなでつくるUQ WiMAXマップ みんなでつくるUQ WiMAXマップ -Windows ケータイ FAN-
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPECIAL FEATURE ARTICLE
めざせ!会社の星「ケータイ200%活用術」関連
au by KDDI 2010年春モデル/春商戦関連
シャープ 2009年度下期 事業説明会関連
HYBRID W-ZERO3(WS027SH)関連
NTTドコモ 2009年度冬春モデル関連
ソフトバンクモバイル 2009年度冬春モデル関連
au by KDDI 2009年度秋冬春モデル関連
ITpro EXPO 2009関連
シーテックジャパン2009関連
iida 2009秋・冬モデル関連
au by KDDI 2009年夏モデル関連
ソフトバンクモバイル 2009年夏モデル関連
NTTドコモ 2009年夏モデル関連
WX340Kレビュー
WILLCOM D4(WS016SH)関連
シーテックジャパン2008関連
ワイヤレスジャパン2008関連
ケーブルテレビ ショー2008関連


K-MAXマガジン@まぐまぐ!
メルマガ登録・解除
 
K-MAX SHOP
ケータイの便利グッズストア K-MAX SHOP
▼商品カテゴリー▼
端末
ウィルコム純正品
充電機器
充電/通信ケーブル
イヤホンマイク
イヤホン
キャリングケース
液晶保護シート
メモリーカード
変換アダプター類
デジタルグッズ

  • おねいさん写真撮ってきたよin 東京モーターショー2013mini!!
    さじった (11/29)
  • おねいさん写真撮ってきたよin ワイヤレスジャパン2013mini!!
    さじった (06/08)
  • CP+2013行ってきましたよ!その4〜おねいさん写真編
    さじった (02/07)
  • 携帯の外装を取り替えちゃおう!! - au編 -
    Tomo (12/03)
  • Mono Max(モノ・マックス)2012年8月号でスマートフォンの今夏モデルのコメントをちょっぴりしましたー♪そして付録のガジェットケースをこっそりレビュー!
    2106bpm (07/16)
  • Mono Max(モノ・マックス)2012年8月号でスマートフォンの今夏モデルのコメントをちょっぴりしましたー♪そして付録のガジェットケースをこっそりレビュー!
    さじった (07/13)
  • 今週のダイジェストニュース(2012/1/23〜1/27)
    さじった (03/18)
  • 今週のダイジェストニュース(2011/12/12〜12/16)
    さじった (12/31)
  • ケータイを綺麗に撮ってみた!──T003編
    TOMO (11/22)
  • FOMA 充電機能付USB接続ケーブル 02
    うえ@通販日記 (11/08)
qrcode
WILLCOM STORE

ウィルコムストア
ソフトバンクオンラインショップ








PODCAST
Search this site

現在の閲覧者数:
カウンター設置 2008/11/19 00:00













アフィリエイトならリンクシェア
ケータイ思いやり度検定
ケータイ思いやり度検定
K-MAXが発信するモバイル関連情報ブログ!

新ウィルコム定額プランS

「マイコミジャーナル 携帯小物」はコチラ
「ケータイコレクション」はコチラ
K-MAXは、いろいろやります!やってまーす♪
<< 心の琴線に触れるモバイルガジェット | TOP | au→ドコモ移行記 Vol.1(少し修正) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
自分の家族の携帯の話
こんばんは、せうです。

今日は、自分の家族の携帯電話について語ってみようと思うのです。
・兄の携帯
自分の兄は、根っからのN党で、N206を最初に持ち、自分よりも早くFOMA N2051でFOMAに移行し、つい11月までN701iを使っていました。

ところが、ある日、家に帰った自分の目に入ったのは、FOMA F904iのブラック。何と、N党だった兄が、富士通に宗旨替えをしたのです。

理由を色々聞いてみると、「ワンセグが見れて、(買い増しで)一番安いのがこれだった。N904iはワンセグ見れないしね。」だそうで。そんな理由で宗旨替えをしてしまう兄にしばし脱帽したのですが、兄的には、今までで一番壺にはまる携帯だったようで、何よりです。


・母の携帯
実家にいる母には、自分が端末持ち込み契約したmova(SO505i)を去年12月まで使ってもらっていました。(実は、自分は兄と2人で東京住まいなんです...)

しかし、「そろそろFOMAにしなきゃいかんだろう」と言う契約主である自分の勝手な一存により、去年の大晦日にFOMA N905iμで契約変更(参考記事)し、その端末は自分の手元に置き(爆)、自分がFOMA SO905iを使い出すまで使っていたFOMA SO903iを使ってもらっています

母の凄いところは、取説無しで携帯電話をそれなりに使いこなしてしまっていることです。正直、ドコモの携帯電話って、auのそれよりもややこしい所がある思うんです。しかも、デコメールの影響で、メールのインライン入力が出来ない、900i〜904iの端末では、それは尚更だと思うのです。

しかし、そんなのを物ともせず、たった2〜3日で完璧にメールを送れるようになり、1ヶ月経ったら(妹の支援を受けながらも)デコメールを送ってきた母は最強としか言いようがありません...


・妹の携帯
実は、実家にいる妹は、我が家族の中で唯一のau使いです。現在は、バッテリの疲弊と戦いつつも、WIN W32Tを使っています。

が、去年の暮れに、家族に揃えてドコモにしようかな、と言い出して(参考記事)、遂に、今月14日にドコモユーザーになることになりました!!

とりあえず、メール重視で、音楽もきちんと聴けるほうがいい、と言うので、ソニエリ厨成分が少なからずある自分は、自分と同じSO905iを買わせようと一瞬思ったのですが、妹には、FOMA N705iがベストだと思い直し、amadana whiteのを買ってもらう方向です。3月まで待てば、東海・関西・九州地方限定色も出るのですが、それまでは待てんとのことで。


・父の携帯
父は、「俺が携帯買っても使いこなせないんじゃないかな...orz」と言って、未だに携帯電話を持っていません。堅気な職人さんである父でも持てる携帯というと、やっぱりらくらくホンが一番なんだろうな、と思うところですが、まもなくFOMA HIGH-SPEED対応のらくらくホンが出そう(参考記事)なので、それを見てから考えましょう。

と、言うことで、悠久の時を経て、自分以外の家族の携帯電話はドコモで揃いそうです。

自分はと言うと、携帯好きゆえ、ドコモ以外のキャリアも持ち続けますよ。でも、やっぱりメインはドコモ以外考えられない状況です... その理由も近々記事に出来ればな、と思っています。
posted by せう | 01:33 | せうの過去ログ | comments(7) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 01:33 | - | - | - |
コメント
うわ、転出超が続いてるDocomoにありがとうございますと妹さんにお伝えください。
というより、はじめましてです。
去年末より東京都下のドコモ販売員をはじめたwindofと申します。
よろしくお願いします。

N905iμはダイヤルキーの文字とか見にくかったりしないのかなとか思いつつ、お母様の何の説明も受けずにデコメっていうのが素晴らしいと思います。

N705iはデザインや、手触りが良いし、705iシリーズの中ではフルスペックですからね。
それにAAC、WMA聞ければ各種MPで保存した場合に対応できますからね。MP3対応できないのは痛いけど(^^;

らくらくホンは……あか抜けてほしい。かな。
らくらくホンであってほしいけどこれまでの物と違うような機種を(らくらくホンとは別格の)
一台出してほしい…とか。

以上プロソリに絶賛浮気中♪
windofでした。
(あのカメラがないところがiμより良いよね。)
2008/02/12 03:00 by windof
>windofさん
はじめまして!!

ドコモの販売員さんなんですか... プロですね。色々聞いてみたいことがあるかもしれません...

それはさておき、N905iμは自分が使っているわけですが、シートキーである割に、出っ張りのおかげで結構打ちやすくなっていて好印象です。母は、インライン入力できないSO903iで良くここまで頑張っていると思いますよ...

N705iは、MP3をWMPで転送しようとすると、自動的にWMAに変換されるので、あまり意識しなくても良いのかもしれませんね。

らくらくホンは、段々「らくらくホン」に見えなくなってきましたよね。新しいらくらくホンはどうなるんでしょうね...?

prosolidは、カメラの出っ張りが無くて確かにクールですね。自分の場合、Blogの更新をする際に携帯のカメラが欠かせないので、カメラ無し携帯はムリっぽいですが...

ともあれ、よろしくお願いします!!
2008/02/12 11:42 by せう
せう さん、こちらでも宜しくお願いいたします!

らくらくホンですが、ワタシもwindof さんと同様、垢抜けたモノが欲しいですね。

見た目からして「いかにも」に敬遠して、敢えてレギュラーモデルを選択される方も、それなりにいらっしゃるみたいですし。

Fに限定した機種展開ではなく、他の端末メーカーからも色々と提案があってもいいかな〜とも思います。
らくらくホンに対して投入した便利な機能や技術が、他の900系や700系など、レギュラーモデルにフィードバックされれば、ユーザーフレンドリーという意味でも強みになると思うんです。
2008/02/12 19:55 by パイザー
めずらしく、ドコモの話題なのでコメントしなくっちゃ、と。
ドコモの話題担当になりそうな、せうさんよろしくお願いします。

で、私個人としてはWILLCOMメインで使用していますが、
家族は皆ドコモ。(私のサブ兼子供でドコモも使用)
で、キッズケータイSA800iを使っていますが、その感想。
やっぱ、登録アドレスにのみ発信は最近のケータイには
たいてい付いていますが、登録アドレスのみ着信可だったり
しているので、子供に持たせても安心しています。
(他の機種でも付いてます?)
フィルター関係についても、ブラック・ホワイト云々ありますが、
親の立場から言えば、ホワイトの方がやっぱ安心です。
メニューがひらがなに変更できるのも、最初のうちはよかったりします。
小学校低学年ですが、せうさんのお母さん同様、デコメ可能です。
あと、パスワードが二つ設定できたりとかもしますので、
子供に触ってほしくないところは、ロックしています。
らくらくフォンと方向性が違いますが、これはこれで、
「優れたユーザビリティを備えている」
と感じております。

らくらくフォンがらくらくフォンっぽく無くなっている事は、
私的には、ぽいのも残してほしいと思っています。
キッズケータイが「持っている」ことをアピールすることでも意味を成すように、
らくらくフォンも持っていることで意味を成す事もあるはずなのです。
ぽいの持ちたくないと、父母が言うのでぽくない端末が需要あるのはわかりますが。。。
2008/02/12 20:26 by さじった
>せうさん
ぷ、プロじゃない……
せめて見習い。

分かる範囲でお願いいたします。
っていうか、絶対せうさんの方が詳しいと思いますよ?
あ、そうか、WMP使ってWMAに変換すればいいのね…。

カメラの需要は確かですしね。
私の場合もったときのフィット感を重視してみました。
こちらこそよろしくです(^^

>バイザーさん、さじったさん
もちろん、今までのらくらくホンも必要だと思います。
今でも十分な機能だと思いますしね。
GPSついているし、
それこそ、ハイスピード使うかな?

「見た目から」分かっちゃうらくらくホンに
敬遠してしまう方だっているし。
ソフトバンクで言うGENTみたいなデザインな物が一つあっても良いかなとか。
「優れたユーザビリティを備えている」って重要だよね。
誰にでも使いやすいケータイを。

一つの大テーマですね。

ではでは。
2008/02/12 22:52 by windof
>パイザーさん
こんばんは!! ようこそ!!

らくらくホンにせよ、キッズケータイにせよ、見た目で敬遠されるケースが少なからずあると聞いたことがあります。「らしくない」けど、洗練された端末がいいですね。

F905iにも、らくらくホンの技術が投入されているので、このような良い意味でのフィードバックに期待ですね。

>さじったさん
こんばんは!! こちらこそよろしくお願いします!!

SA800iは、なかなか良い端末だったのですが、メーカー自身のゴタゴタで後継機種が富士通に移ったのは少し残念ですね。

もしかすると、らくらくホンも、「ぽい」のと「ぽくない」の2ラインかもしれませんが、圧倒的に「ぽくない」方が受けが良いので、どうなるか...

>windofさん
いやいやいや... 障りない範囲で色々聞くかもしれませんので、よろしくお願いします!!

WMPは、WMA以外の形式は自動変換してくれるので、ある意味楽ですね。
2008/02/12 23:23 by せう
こちらでははじめまして。
おいらも家族まるごと(と言ってもおいら名義の端末だけですが…)ドコモに移転予定です。
うちも、親用はらくらくホンにする予定ですが、独立したマナーボタンが無いのがちょっと…

キッズケータイもらくらくホンも複数メーカーが参入したらおもしろそうですね。
ただキャリア側でUIを統一させないとまずそうですが…
2008/02/14 00:16 by あおまる
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kmax.jugem.jp/trackback/161
トラックバック